駿河湾での黒鯛釣り (かかり釣り ・ 紀州釣り ) ・ 旅行 ・ 農業
何か気になり、  リヤタイヤを見るとサイドウォール部が・・・昨年の暮れに履き替えたばかりで接触した覚えがないんだけどな。
出費も痛いけど、知らないでバーストしていれば。 

タイヤ



「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

シュエズィーゴン・パゴダ
11世紀にパガン王朝の創始者アノーヤターと、3代目の国王チャンシッターによって建立され、後に建立されたビルマ式パゴダの原形。「シュエ」はビルマ語で「金」、ズィーゴンは「砂の河岸」を意味。
馬の石の彫刻などもあって体の悪い部分と同じ部分を触れば、直るということで触っている人たちも多いです。

DSC02630.jpg

DSC02631.jpg

DSC02632.jpg



バガンビューイングタワー
景観を損ねる為、建設時は反対された。
たしかに遠くからでも目立ちます。

DSC02654.jpg

多くのパヤが点在しているのが見れます。
何と言ってもエアコンで涼しい。

DSC02656.jpg


ホテルの戻っての食事、暑いので先ずは  ビール。

DSC02660.jpg

DSC02662.jpg

DSC02663.jpg

DSC02664.jpg

東南アジアは  パクチ。
臭いも味も完全に平気になりました。

DSC02665.jpg

朝食になります。

DSC02666.jpg

DSC02667.jpg



プーパヤ・パコダ
バガン最古の仏塔でエーヤワディ川岸に建ってる今まで見た仏塔とは一風風変り。

DSC02672.jpg

 狛犬と同じ意味何でしょうかね 

DSC02673.jpg

門の入り口、左右にある  ダルマ。
ちょっと不気味。

DSC02674.jpg

 金ピカ  の仏舎利はは地震によって修復されています。

DSC02675.jpg



MOE MOE WIN モイモイ (萌え萌え)に引かれて昼飯。

DSC02678.jpg

DSC02679.jpg

ミャンマー人のポピュラーな朝食、モヒンガ。
 ナマズで出汁を取ったスープに素麺の様な細い麺が入っていてシンガポールのラクサに似ているけどラクサより美味しい。

DSC02680.jpg


バガンからヤンゴンまでは行と同じエアー・カンボーザ航空で。

DSC02684.jpg

DSC02685_20180513113226071.jpg


出国の為、翌朝4時にホテルを出るので近場のホテルという事で日本のスーパーホテルに宿泊しましたが、やっぱ日本人ばかりで最上階に  大浴場があり露天風呂も。
ホテルの隣には  居酒屋シャカリキがあって、元気の良い現地の女の子が店員さんでした。写真はアップしません。

DSC02686.jpg



ヤンゴン国際航空でミャンマー人に地元人と勘違いされ声を掛けられ複雑。
ヤンゴンからバンコクまではバンコク・エアーウェイズで、こちらも機内食が付いてました。

DSC02688.jpg

DSC02689.jpg

DSC02693.jpg

非常に残念な機内食。
殆ど残しました。

DSC02694.jpg



 日航で帰りますが  全日空より機内食、シートも良い。

DSC02695.jpg



「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

スラマ二寺院
「最高の宝石」「小さなルビー」を意味し、バガン王朝が非常に繁栄した後期時代1170 -1300年の最初の寺院。

DSC02606.jpg


バガンの寺院の特徴でもある東西南北それぞれに仏像が安置され、1975年にバガンを襲った地震の後、レンガと石を利用して、寺院内部のフレスコ壁画とともに復元され、再構築されたのは1994年で、回廊では仏陀の生涯を描いているフレスコ壁画の数々を見ることができます。

DSC02607.jpg

DSC02612.jpg

DSC02614.jpg

DSC02616.jpg

DSC02610.jpg

DSC02609.jpg



アーナンダ寺院
変わった尖塔で、華麗で均整のとれた美しい寺院。 東西南北に4つの入口と参道があって、内部に回廊が2重で内側の回廊は、王族と宮廷人用。外側は庶民用で4つの参道入口の奥、本堂の中には4体の金の仏像が安置されそれぞれ高さ9.5mの仏像が四方を向いて安置されています。

DSC02618.jpg

DSC02619.jpg

DSC02620.jpg

DSC02621.jpg

DSC02622.jpg

DSC02623.jpg



ゴードバリン寺院。
オールドバガン地区の寺院で、ここも東西南北に仏像が安置されています。
ここまで回ると、前に観た寺院&仏像の区別が出来ない。

DSC02636.jpg

DSC02637.jpg

DSC02638.jpg

DSC02639.jpg

DSC02640.jpg

オールドバガンのタラバ門近くのサラバーで昼食。

DSC02643.jpg

汗だくなので喉を潤すのに  ビールを飲みたいところ我慢。
それでなくとも慣れないバイクで ふらついていてますから。
下から野菜・麺・薄焼き卵の順でボリュームが凄く食べきれなかった。

DSC02642.jpg
 

ティーローミンロー寺院
1218年、パガン王朝後期の大寺院のひとつとして数えられるパガン王朝第8代国王ナンダウンミャー によって建立され、高さ約46メートル、3層の構造を持つ荘厳な寺院です。「王になるように傘が望んだ者」の意味を持つ寺院で寺院内には、4体の大きな黄金の仏像が、それぞれ東西南北を向いて安置されています。

DSC02624.jpg

DSC02625.jpg

DSC02626.jpg

DSC02627.jpg

DSC02628.jpg



マヌーハ寺院
バガン王朝を建てたアノーヤター王に敗れ捕虜になり、この地に連れてこられたモン族タトゥン国の王マヌーハ王は所有していた財宝を売り払って1059年にこの寺院を建て寺院の内部には、巨大な3体の座像と1体の涅槃が安置されています。

DSC02644.jpg

DSC02645.jpg

DSC02646.jpg

DSC02647.jpg

DSC02648.jpg



時間が余っていて立ち寄ったダマヤジカ・パヤ。
歴史、由来など、、、分かりません。

DSC02649.jpg

DSC02650.jpg

DSC02652.jpg

DSC02653.jpg


「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

早朝にヤンゴン空港に向かい、空港内でナンギィサラダ。

ヤンゴン (2)

モチモチしたウドンって感じで、薄味で美味しかった。

ヤンゴン (1)

ヤンゴンからエアー・カンボーザ航空でバガンに向かいます。

ヤンゴン (33)

DSC02549.jpg

DSC02554.jpg

1時間チョイなのに機内食が出ました。

DSC02555.jpg

DSC02556.jpg

クロワッサンの中にハムと野菜で、見た目以上に美味い。

DSC02557.jpg

予想通り小さな空港で手荷物を機内から出すのも人海戦術。

DSC02563.jpg

空港内でバガンの入域料25,000k(チャット)約2,500円を支払う予定が、分からずそのままスルーし寺院に入った時に支払い。
空港の外で客待ちしているタクシーで宿泊先のバガン ティリピセヤ サンクチュアリ リゾート(ビラ)に向かう途中、通り沿いにあるパゴダに寄りながらホテルに到着。

DSC02576.jpg

DSC02579.jpg

DSC02578.jpg

DSC02577.jpg

電力が安定していないのか短い時間ではあるけど何度か  停電に、  シャワーでお湯が出るので少しぐらいの停電は苦にならない。
バガンは  カンボジアのアンコール・ワット、  インドネシアのボロブドゥールと供に、世界三大仏教遺跡のひとつで、イラワジ川中流域の東岸の平野部一帯に、西暦1000年代から1200年代に大小さまざまな仏教遺跡が建てられた遺跡群で、ミャンマーの仏教聖地。元々は漆喰で仕上げられた白色をしていますが、仏塔は漆喰が剥がれレンガの赤茶色の外観となって仏塔の数は、3000を超えると言われています。

パゴダ観光はツアー会社を利用するか、  タクシー、  馬車、  自転車、  e-bike(イーバイク)で回る方法しかなく、ホテルを通しe-bikeを2日間レンタル。

DSC02683.jpg

中国製のe-bikeは電気で走る自転車で原付と同じでキーをONにして、右ハンドルのスロットルグリップを回し発進、免許は不要でグリップ全開でMAX60kmちょいでました。因みにバッテリーは6~7時間なので、途中でフル充電済のe-bikeと交換。(無料)

DSC02581.jpg

手頃なので、1人旅でパゴダをe-bikeで回っていた20代の女の子に出会いました。
注意すべきは日本とは逆の右側通行と幹線道路は舗装されていますが、道端や横道は全て砂地でハンドルを取られることの2点。

DSC02677.jpg

DSC02671.jpg

色々な人が被った  ヘルメットが気になるけど、年寄りなので運動神経・反射神経が半端なく劣っているので安全の為、  ヘルメット着用。そんな訳で、バンダナを頭に巻いてからヘルメット。
アゴ紐は我慢。

DSC02634.jpg

最初の観光はタビィニュ寺院。
バガンで最も高い寺院で61m。細かい彫刻が施された屋根をもち、中央に金箔で覆われた塔があり、全ての寺院は  裸足でなければ入れません。

DSC02585.jpg

DSC02586.jpg



シュエサンドーパヤ。
アノーヤター王がモン人の国タトゥンを征服した直後に建てたパゴダで、モン人が所有していた釈迦の遺髪もタトゥンから持ち出され、このパゴダの中に納められたそうです。

DSC02587.jpg

DSC02588.jpg



ダマヤンジー寺院。
基壇一辺の長さ約78メートルというバガンの中で最大規模の寺院ですが、途中で工事は中止され、ダマヤンジー寺院は未完成のままで四方に仏像が安置されています。

DSC02595.jpg

美人なので写真を撮らせて頂きました。仏像を見ているよりはるかに良い。

DSC02604.jpg

DSC02598.jpg

DSC02601.jpg

DSC02602.jpg

DSC02603.jpg



「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

羽田から  バンコクのスワンナプーム国際空港に到着後。

ヤンゴン (4)

タイ航空を利用し約1時間チョイで  ミャンマーのヤンゴン国際空港に(乗り継ぎ時間2時間50分)。

ヤンゴン (5)

ヤンゴン (6)

ヤンゴン (7)

ATMでお金を引き出し、ホテルはパークロイヤル ヤンゴンに。

ヤンゴン (9)

ヤンゴン (31)

ヤンゴン (10)

ヤンゴンの5月は年間を通じて一番暑く、  本来は適度な気温で雨量も少ない12月~2月が理想。まっ、今の時期は観光客が少なくホテル代が格安。

街の特徴としてはキンマ(葉っぱでくるんだガム)。
食べると口の中が赤くキンマを食べながら痰を道中に吐くので路上に赤い跡が。

ヤンゴン (29)

シュエダゴン・バゴダはミャンマーの人々にとって憧れのミャンマー最大の聖地でヤンゴンでもっとも人気の観光スポットで高さ90mの金仏塔。シュエダゴンのシュエは「金」という意味で金色の輝くパゴダは黄金のプレートで装飾されてます。

ヤンゴン (11)

ヤンゴン (3)

中に入るには靴を脱いで裸足で。
炎天下の中、タイルが猛烈に熱く、一部小石で足の裏が痛っ。

ヤンゴン (15)

ヤンゴン (12)

ヤンゴン (14)

自分と同じ曜日のところの像に水を掛けます。
正面の女性の顔の白い部分は「タナカ」と言って、顔に塗る白い粉状の化粧。日焼け止め&冷却効果もあるそうです。

ヤンゴン (16)


続いての観光はチャウタージーパゴダ、巨大な「チャウタッジー寝釈迦仏」は高さ17.7m、長さ65.8mで白い肌にブルーのアイシャドー、明るい赤色の唇、ピンクの爪、寝釈迦の足の裏には、108個の仏教宇宙観図絵が書かれて色っぽい。

ヤンゴン (23)

ヤンゴン (17)

ヤンゴン (20)

ヤンゴン (21)

ヤンゴン (22)

お昼は日系企業のオフィスも入っていて周りに高いビルが無く眺めが良いサクラ・タワー20Fにあるスカイビストロで昼食。

ヤンゴン (27)

外は暑いので、先ずはビールです。
そしてミャンマーの料理は絵を見て頼んだので料理名は不明。

ヤンゴン (25)

ヤンゴン (26)

サクラタワー近くにあるスーレー・パゴダはヤンゴンの中心にあって伝説によると、シュエダゴン・パゴダより前、2500年以上も前に造られたとも言われています。
高さ約48mの黄金色のパゴダ(仏塔)を持つ寺院でミャンマーでは丸いパゴダが一般的ですが、この寺院は八角形をして2000年前に仏陀の聖髪を納めるために建てられたと伝えられてたそうで、外から見ただけとしました。

ヤンゴン (24)

スカートのように筒状の布を巻き付けて履いているのがロンジーで、女性だけでなく男性も履いていて男と女では結び方が違うようです。

ヤンゴンは車が最優先なのか、横断歩道を青信号で渡るにも右折・左折の車は減速することなく突っ込んできて、今迄旅行した中で一番怖い。


急な暑さでダウン。
パークロイヤル ヤンゴンに戻り休憩後、夕食はホテル裏にあるAung Mingalarでシャンヌードル(汁なし麺)と揚げ餃子。ミャンマービール。

ヤンゴン (32)

ヤンゴン (35)

ヤンゴン (36)

ヤンゴン (37)


「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。