駿河湾での黒鯛釣り (かかり釣り ・ 紀州釣り ) ・ 旅行 ・ 農業
羽田から  バンコクのスワンナプーム国際空港に到着後。

ヤンゴン (4)

タイ航空を利用し約1時間チョイで  ミャンマーのヤンゴン国際空港に(乗り継ぎ時間2時間50分)。

ヤンゴン (5)

ヤンゴン (6)

ヤンゴン (7)

ATMでお金を引き出し、ホテルはパークロイヤル ヤンゴンに。

ヤンゴン (9)

ヤンゴン (31)

ヤンゴン (10)

ヤンゴンの5月は年間を通じて一番暑く、  本来は適度な気温で雨量も少ない12月~2月が理想。まっ、今の時期は観光客が少なくホテル代が格安。

街の特徴としてはキンマ(葉っぱでくるんだガム)。
食べると口の中が赤くキンマを食べながら痰を道中に吐くので路上に赤い跡が。

ヤンゴン (29)

シュエダゴン・バゴダはミャンマーの人々にとって憧れのミャンマー最大の聖地でヤンゴンでもっとも人気の観光スポットで高さ90mの金仏塔。シュエダゴンのシュエは「金」という意味で金色の輝くパゴダは黄金のプレートで装飾されてます。

ヤンゴン (11)

ヤンゴン (3)

中に入るには靴を脱いで裸足で。
炎天下の中、タイルが猛烈に熱く、一部小石で足の裏が痛っ。

ヤンゴン (15)

ヤンゴン (12)

ヤンゴン (14)

自分と同じ曜日のところの像に水を掛けます。
正面の女性の顔の白い部分は「タナカ」と言って、顔に塗る白い粉状の化粧。日焼け止め&冷却効果もあるそうです。

ヤンゴン (16)


続いての観光はチャウタージーパゴダ、巨大な「チャウタッジー寝釈迦仏」は高さ17.7m、長さ65.8mで白い肌にブルーのアイシャドー、明るい赤色の唇、ピンクの爪、寝釈迦の足の裏には、108個の仏教宇宙観図絵が書かれて色っぽい。

ヤンゴン (23)

ヤンゴン (17)

ヤンゴン (20)

ヤンゴン (21)

ヤンゴン (22)

お昼は日系企業のオフィスも入っていて周りに高いビルが無く眺めが良いサクラ・タワー20Fにあるスカイビストロで昼食。

ヤンゴン (27)

外は暑いので、先ずはビールです。
そしてミャンマーの料理は絵を見て頼んだので料理名は不明。

ヤンゴン (25)

ヤンゴン (26)

サクラタワー近くにあるスーレー・パゴダはヤンゴンの中心にあって伝説によると、シュエダゴン・パゴダより前、2500年以上も前に造られたとも言われています。
高さ約48mの黄金色のパゴダ(仏塔)を持つ寺院でミャンマーでは丸いパゴダが一般的ですが、この寺院は八角形をして2000年前に仏陀の聖髪を納めるために建てられたと伝えられてたそうで、外から見ただけとしました。

ヤンゴン (24)

スカートのように筒状の布を巻き付けて履いているのがロンジーで、女性だけでなく男性も履いていて男と女では結び方が違うようです。

ヤンゴンは車が最優先なのか、横断歩道を青信号で渡るにも右折・左折の車は減速することなく突っ込んできて、今迄旅行した中で一番怖い。


急な暑さでダウン。
パークロイヤル ヤンゴンに戻り休憩後、夕食はホテル裏にあるAung Mingalarでシャンヌードル(汁なし麺)と揚げ餃子。ミャンマービール。

ヤンゴン (32)

ヤンゴン (35)

ヤンゴン (36)

ヤンゴン (37)


「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。
スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック