駿河湾での黒鯛釣り (かかり釣り ・ 紀州釣り ) ・ 旅行 ・ 農業
羽田から5月2日の  夜便でクアラルンプールに。

2017クアラルンプール (1)

ブギッ・ビンタンにあるザ・リッツ・カールトンホテル。
とてもじゃないが宿泊費が高くて日本を含め泊まれないけどマレーシアだから泊まれるんだよな。
部屋は広いし、  シャワーと  バスタブは別だしバスタブにテレビも完備し朝食付きで一部屋14,000円。

2017クアラルンプール (2)

2017クアラルンプール (4)

2017クアラルンプール (3)

KLモノレールとKLIAトランジットを乗り継ぎプトラジャ・サイバジャ駅に。

2017クアラルンプール (5)

2017クアラルンプール (6)

2017クアラルンプール (7)

2017クアラルンプール (8)

 タクシーでプトラジャヤ(プトラモスク)愛称はピンクモスクに。
女性はロープを着用しての見学。

2017クアラルンプール (9)

2017クアラルンプール (9-1)

2017クアラルンプール (10)

2017クアラルンプール (11)

この地域は首都機能を移転する為に作られ、街並みが綺麗で首長府が目の前にあるので観光スポットとして  観光バスが多い。

2017クアラルンプール (12)

ホテルに戻り、14時過ぎに昼食。

2017クアラルンプール (14)  2017クアラルンプール (15)

2017クアラルンプール (16)  2017クアラルンプール (17)

5時頃に機内で食べだけなので腹が減って、つい食い過ぎてしまい腹を空かすためにアロー通りの屋台街を散策。

2017クアラルンプール (18)

2017クアラルンプール (19)

2017クアラルンプール (20)

時間が経っても  腹が減らないので本日の夕食はスーパーに寄ってマンゴーのみ。

2017クアラルンプール (25)


翌日のホテルで朝食。

2017クアラルンプール (23)  2017クアラルンプール (22)

KLモノレールでセントラル駅に向かい、KTMモミュターA線でシャー・アラム駅に。

2017クアラルンプール (33)

駅から  タクシーで本日の目的地シャー・アラム(スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジス・シャー・モスク)愛称はブルーモスク。
国内最大のモスクで、街外れにポツンと建っているので  観光バスは見かける事は無く個人旅行者だけ。

2017クアラルンプール (26)

2017クアラルンプール (27)

2017クアラルンプール (30)

2017クアラルンプール (31)

2017クアラルンプール (32)

こちらのモスクも女性はロープを着用。
因みに、自分は  短パンなので女性と同じくロープを着け見学。

2017クアラルンプール (29)

昼はチャイナタウンの南香で  チキンライス。

2017クアラルンプール (38)

シンガポールのマックスェル・フードセンターにある  チキンライス超有名店の「天天」より美味しい。
おまけにエアコンが効いているし最高。

2017クアラルンプール (34)

2017クアラルンプール (35)

2017クアラルンプール (36)  2017クアラルンプール (37)

恭和堂で亀ゼリー
亀ゼリーは24種類の漢方薬は入っていて、美肌など良いようですが、ゼリーだけでは少し苦いので急須に入った甘いシロップ(杏仁豆腐のシロップ)をかけながら食べると美味。

2017クアラルンプール (42)

2017クアラルンプール (42-1)

2017クアラルンプール (42-2)

2017クアラルンプール (42-3)

ブギッ・ビンタンからKLCCペトロナス・ツインタワーに向いますがモノレールの乗り継ぎがあり、面倒なので徒歩で向かうことに。
ガイドブックに載っていない、スカイ・ウォークを通り向かいます。
入口はちょっと分かり難いが、パビリオン左横のウエルカム・ツゥ・コネクションの表示板の下をくぐり、
左右の飲食店を通り過ぎると入口が。
いくつかの分岐点はあるものの表示板に従い向かいます。エアコンが効いていて快適。

2017クアラルンプール (45)

2017クアラルンプール (45-1)

2017クアラルンプール (45-2)

同じ道を戻り、パビリオン内のテンダイファンで飲茶。ここでは小龍包は外せない。

2017クアラルンプール (47)  2017クアラルンプール (49)

2017クアラルンプール (50)

「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。
スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック