駿河湾での黒鯛釣り (かかり釣り ・ 紀州釣り ) ・ 旅行 ・ 農業
連休の2週間前は自部署管轄の協力会社で数千万円のトラブルが発生。関係部署に頭を下げ交渉してもらい何とか連休後に金銭的トラブルは回避する方向に進み取り合えず一安心ですが、連休1週間前は不幸が2件発生し旅行出発の当日は式に参列してから空港に。



5月3日(日)羽田からANA0:20分、  バンコクに向かいます。
バンコクには現地時間の5時30頃到着(日本時間6時30分)。次の目的地ラオスに向かう迄トランジットで約5時間。
時間を潰すのに次の航空会社バンコクエアウェイズのラウンでくつろぎます。

ラオス1-2  ラオス1 -1


バンコク・エアウエィズ航空は初めて、そしてプロペラ機も初めてで10時過ぎに離陸。
短い時間で機内食は出ないと思っていたのに食事が出て、ラウンジで食べたことを後悔。隣国の  ラオス、ルアンババーン空港には12時に到着。

ラオス1-7


ラオス1-4


ラオス1-5


ルアンババーンはラオス北部に位置するメコン川とカーン川が交わる地点に あって、山間の町古都ルアンパバーン
には80もの寺院がひしめき街全体が世界遺産で、世界遺産に認定されてからは2階以上の建物は建てられなくなっています。

ホテルは老舗のビラ・サンティで良い雰囲気です。
古い建物のためなのか設備的にはシャワーは他の部屋とかぶるとお湯が出ません。  

ラオス1-8(1)

ラオス1-8 (3)

サッカンロード沿いにあるワット・シェントーン。
この寺院は、1560年にセティラート王によって王家の菩提寺として建立されたアンパバーン様式 の建物で屋根が軒に向かって低く流れるように作られていて、ルアンパバーンで一番荘厳な寺院で本堂裏側のタイルで「生命の樹」のレリーフがあります。

ラオス1-9

ラオス1-9 (2)

王族の神聖な儀式に使用され、シーサワンウォン王の誕生した場所で、逝去時に使用された霊柩車が境内に納められています。

ラオス1-11


街の散策でメコン川を望む町並みを歩きメインストリートは日中38度もあるので、観光客の姿は余り見当たりません。
カーン川に掛かった竹で作った橋。乾季の今の時期は渡れますが雨季には橋は使えなくなります。

ラオス1-14

ラオス1-15

ラオス1-16

  猛暑の中、歩き回って熱中症になる前にエアコンのあるカフェ(ジョマ)でマンゴシェイク&クリームチーズベーグルで身体をクールダウン。

ラオス1-17

ラオス1-18

ホテルに戻り仮眠し体力を回復させプーシーの丘を登ります。
ルアンパバーンの中心近くに位置する150m程の小高い丘で、328の階段を上が りきると、頂上には1804年、アヌルット王によって建立された タート・チョムシーと呼ばれる金色に輝く仏塔が建って夜間にはライトアップされます。ルアンパバーンの街が一望でき、日の入りを観ます。

ラオス1-19

ラオス1-21

プーシーの丘の入り口にはナイトマーケットがあり、売り子さんがしつこくないのでゆっくり品定めができます。
鮮やかな色彩と繊細な刺繍製品で知られるモン族のマーケットで銀製品や手作りのアクセサリー、絵画なども売られて
いますが自分は ラオスのビール「ラオビール」がプリントされたTシャツ250円で買っちゃいました。

ラオス1-22

ラオス1-23   ラオス1-24

夕食は日本人夫婦がオーナのソンパオレストランで予約無しですがタイミング良くでショータイムに時間が会ってショーを観ながらの食事。

ラオス1-25

ラオス1-32

ラオス1-33

ラオスセット(スタンダード)と  ラオビール。

ラオス1-26  ラオス1-27

ワンプレートは菜の花のスープ。ミンチカツ。野菜と春雨の炒め物。ラープ(ラオス風サラダ)。インゲンと木耳の炒め物。野菜の揚げ春巻きです。

ラオス1-28

ラオス1-34

「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。
スポンサーサイト

【2015/05/11 21:54】 | ルアンパバーン(ラオス)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック