駿河湾での黒鯛釣り (かかり釣り ・ 紀州釣り ) ・ 旅行 ・ 農業
エクスプレスバス  の「国光車站」で降り、ホテル  まで徒歩2分で、ホテル到着が19時となりました。
ホテルは天成大飯店(コスモスホテル)★★★で、1部屋(トリプル)11,300円です。名前が妖しいのが気に掛かりますが、台北の駅に近いのとリーズナブルで決定しました。

部屋に向かい、ドアを見て、マジやばくな~い。「解る人は解る雰囲気」
台北3-1

台北3-2

部屋のドアを開け・・・オドオド・・・良かった普通の部屋で、ベッドが3台きちんと並べられていました。
部屋に入るまで心配していましたが、安心しました。

パスポートや貴重品を金庫に入れ、荷物も簡単に整理し夜市に GO!
機内食で腹いっぱいですので夜食は夜市で軽く済ます予定。
MRTで龍山寺へ
台北3-14

MRTの乗り方は向かう駅の金額を確認。
台北3-3

液晶パネルの金額と人数をタッチ。
台北3-4

お金を入れると「トークン」と言う青いプラスチックのコインが出て来ます。
台北3-5

改札口の機械にトークンを当て改札を通り、これでOKです。

龍山寺は台湾で一番古いお寺になります。
台北3-7

龍山寺を見学後、近くの夜市(華西街観光夜市)で軽く
台北3-9

ルーロゥファン(肉そぼろご飯)★★★★★、美味しいですよ。
台北3-11

チーロゥフアン(鶏肉ご飯)★★★★、これもなぜかタクアンが一切れ乗っています。
台北3-10

蚵仔煎・・・読めません。(甘辛味の牡蠣のタマゴとじ)★★★、各お店により上に乗せるタレは違う様です。
台北3-12

3品で合計300円位です。安すぎます。
但し、ルーロゥファン、チーロゥフアンの茶碗は小さいです。

続いてMRTで士林(シーリン)夜市に移動。
台北3-15

見た目で、香腸(台湾ソーセージ)を買い、即かぶり付きましたが、「う・・ん。好みでない」この店はかなり有名店なのですが自分と子供は、この香辛料が合わない。・・・妻のみ美味しいと言っていました。 (ちなみに、この方はパクチが全然平気なのです。)

食後は夜市でジュースを飲みながらブラブラと。
人が多く、お祭りそのもので射的があったりして活気があり最高に楽しいですよ。
台北3-8

ホテルに戻るにMRTに向かうもジュースのカップを捨てる所が無いものですから、カップを捨ててくる様命じられ、再び自分だけ夜市の中に入り、カップをゴミ袋に捨ててきました。

その帰り、「エッツ・・・」手長エビの釣り堀がありました。家族を待たせていましたので後ろ髪を引かれる思いで家族の所に行きましたが、気になります。
次回来た時は、是非手長エビ釣りにチャレンジしたいです。
MRTでホテルのある台北メインステーションまで向かい、手長エビを気にしながら就寝です。

「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
スポンサーサイト

【2010/01/14 19:51】 | 台北(台湾)
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


やっぱり
大臣
やはり夜市は「華西街」と「士林」でメージャー所はきちんと押さえてますね。

私が留学してた頃は移動はバスかタクシーでしたが地下鉄で華西街から士林まではどのぐらいの時間で行けるのですか?(道路が込むと1時間弱かかります)

「華西街」は蛇料理の店があったと思いますがチャレンジされましたか?私は蛇スープは食べましたが生き血と肝はさすがに食しませんでした。

蚵仔煎これは台湾語で「おあちえん」もしくは「おえちぇん」と発音します。蚵仔はそのもの牡蠣、煎は平たくして焼いたものを意味する言葉です。

次も楽しみにしてま~す。




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/14(Thu) 20:47 |   |  #[ 編集]
やっぱり
やはり夜市は「華西街」と「士林」でメージャー所はきちんと押さえてますね。

私が留学してた頃は移動はバスかタクシーでしたが地下鉄で華西街から士林まではどのぐらいの時間で行けるのですか?(道路が込むと1時間弱かかります)

「華西街」は蛇料理の店があったと思いますがチャレンジされましたか?私は蛇スープは食べましたが生き血と肝はさすがに食しませんでした。

蚵仔煎これは台湾語で「おあちえん」もしくは「おえちぇん」と発音します。蚵仔はそのもの牡蠣、煎は平たくして焼いたものを意味する言葉です。

次も楽しみにしてま~す。


2010/01/14(Thu) 21:11 | URL  | 大臣 #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック