駿河湾での黒鯛釣り (かかり釣り ・ 紀州釣り ) ・ 旅行 ・ 農業
サナギを食した後、ウインドショッピングをしながら夕食先 を探しに街中をブラブラと
中国は近年急成長しましたので、ビル群は新しくとても綺麗です。

夕食は、何を食べるか3人ですので、なかなかまとまりません。
その中でも、自分の意見はカット。(今回に旅行で、2度も叱られていますので。)
取りあえず妻の主張通りパオの老舗、天津狗不理包子に。
P-5-23.jpg

パオは肉まんと思ってください。
中国では有名で沢山のお客さんが来店していました。
美味しかったです。
p-5-24.jpg

お粥は薄味でとろっとしています。味は・・・。

その後、次は何食べる。
寿司は日本の食事でNG。
ハンバーガーは今一歩。
中華は今日、昼に食べたし。
結局、東方新天地の地下街にあるフードコートでシンガポール食を食べることに。
こちらは、食べたいコーナーで直接お金を支払うシステムでは無いんです。

中国のフードコートのシステムは初めてですので、日本語は勿論の事、英語も通じませんので、係の方の説明を理解するのに2分以上かかりました。

システムの内容は。
1.フードコートの受付で100元(約1,000円)でカードに交換。
P-5-25.jpg

2.各フードコーナーで、食べる物をセレクトしカードを渡す。
3.店でカードにオーダーした金額を入力しますので、カードと食べる物を受け取る。
4.食べてた物はその場に置きっぱなし。
5.カードを受け付けに持って行き、お釣りを貰う。
面倒です。

妻はチキンライスを注文。
P-5-27.jpg

私はカリーミーを。
P-5-26.jpg

子供は、ジュースを。
やっぱシンガポールの物はシンガポールでないと。今一歩です。
自分もジュースにすれば良かった。


少しして、こちらのコーナーのオーナーらしき人が近づいてきて美味しいでしょうと日本語で話しかけてきました。
「美味しいです」と答えてしましましたが、心の中は「今一歩なんだよな」

その後、・・・ホテル に戻ろうと、あれ、東方新天地のフロアーの案内表示にホテルの名前が・・・。
こちら東方新天地の地下街からはホテルに直行出来たんです。
わかんなかった~

翌朝8時30分頃タクシーで空港に。
来た時は夜で良く解らなかったけれど広いです。でも乗降客はあまり居ないようです。
P-5-29.jpg
UAで成田に向けて離陸。
しばらくして、機内食。・・・ご飯が・・・パサパサ乾いています。
帰宅してから家族に聞いたところ、自分だけだった様です。

今回の海外旅行は初めて子供も加わっての旅となりました。
たった1泊3日の旅ですけれど、子供の言った通り「郷に入れば郷に従え」です。
どの国もそうですけれど、文化や教育で育っていますので、旅行とはいえ、その国の文化を有る程度、理解しないといけないと思った旅でした。
ただ「う○こ」 を踏まずに帰国出来てよかったです。
次回は上海で上海かにを食べたい。

「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
スポンサーサイト

【2009/12/06 13:05】 | 北京(中国)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック