駿河湾での黒鯛釣り (かかり釣り ・ 紀州釣り ) ・ 旅行 ・ 農業
2016年1月1日(金)羽田より8時55分発の全日空便で  ハノイ・イノバイ空港に。
3日間滞在するハノイ・エレガンス・ダイヤモンド・ホテル。

2016H1


2016H2


夕食は昨年泊まったエッセンス・ハノイ・ホテルのレストランでブンチャーを食べに。

2016H3

食後は日が落ちたホアンキエム湖の回りを散策。
新年を祝うライトアップなど賑やか。

2016H4


2016H5


身長を測るのが商売にもなって、結構利用しています。


2016H6


ホテルの朝食。2日間、同じようなものですがフォーは外せません。

2016H8


2016H9


2016H10


2016H11


食後、旅行ガイド雑誌の「フランス租界地を歩こう」の道順に沿ってのんびり回ります。
80年間フランスの植民地でしたのでフランス風建築が数多く残されています。
①オペラハウス。1911年に立てられ白い柱が印象的でパリのオペラ座を模しています。

2016H12


2016H13


②国家歴史博物館。1932年に建てられインドシナ建築の代表作で日差しを防ぐ二重の庇が特徴的。

2016H14


2016H15


③国防省ゲストハウス。ハノイ最古の西洋建築で当初はフランス軍本部。

2016H16


④ハノイ国家大学講堂。旧インドシナ大学。

2016H17


⑤イタリア文化センター。レンガと白壁が印象的なフレンチヴイラで旧インドシナ銀行関係の建物。

2016H22


⑥国家銀行。旧インドシナ銀行

2016H21


⑦迎賓館。1911年フランス植民地時代のベトナム北部地方長官官邸の建物。

2016H20


⑧ソフィテルレジェンドメトロポールハノイホテル。1901年創業の伝統あるコロニアルホテルで吹き抜けになっています。

2016H18


2016H19


以上8箇所を見た後はガイドブックで紹介されているゾカでバインミー。
以前食べてた時に比べ味が落ちている・・・ガッカリ。 

2016H23


2016H24


交通量、交通ルールは半端じゃない。横断歩道は目印程度。
駆け足で渡ると事故に遭遇する可能性があります。ゆっくり歩くのがコツ。

2016H40


2016H41


ハノイ駅近くの踏み切りで可愛い子を発見。
どう見ても高校生位にしか見えない。
遮断機がないので、電車が通る時に旗を振って車両を止める仕事をしているようです。

2016H25


ホアロー収容所。フランス支配に抵抗するベトナム人がここに捕らえられ、拷問 されたりギロチンで死刑にされたりした忌まわしい場所です。

2016H26


2016H27


2016H28


2016H29


2016H30


夕食は96レストランでトリップアドバイザーが貼ってあり、チャーカーは川魚で臭味は無く絶品で美味しかった。

2016H34


2016H31


2016H33


ハノイ大教会。日曜の朝のタイミングだったのかミサが行われていて教会に入ることが出来ました。

2016H35


2016H36


最終日、タロイモのチェーを食べに隠れた有名店とのことでお店に着くと・・・・  唖然。マジ 
店内を見回しても綺麗な場所は一つも無く、地元の人しか入らない感じ。観光客は先ず入らないでしょ。でも、入って青色のテーブルに赤の椅子に座って食べましたよ。
たしかに味は美味しいが・・・・。  
テンションが下がったまま帰国。
 
2016H37


2016H38


2016H39


ハノイは2泊3日。約1年前に会社の休みが決まる前に航空券の予約を入れましたが、予定より1日休みが多く取れた為、
羽田空港直結のロイヤルパークホテルに一泊。
テレビ画面でフライト案内がされています。

2016H42


2016H43


カレーは最高に美味しい。

2016H45



「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。
スポンサーサイト

ルアンパバーン、ホテル・ビラ・サンティからホテルの車で空港に向かいベトナム航空で約1時間  ハノイに。

ラオス1-65


ラオス2-1


ラオス2-2


ラオスと全く正反対で人も多くエネルギッシュ。

ラオス2 (1)


ホテルはトリップアドバイザーで9.5と高得点のエッセンス・ハノイホテルでウエルカム・ドリンクでお迎えです。

ラオス2 (2)


ラオス2 (3)


ラオス2 (4)


夜も更け、外で食べに行く元気も無く、ルームサービスでブンチャを、上手い。

ラオス2 (5)


朝食もトリップアドバイザーで高評価なだけはあります。
期待以上の味です。

ラオス2 (6)


ラオス2 (7)


ラオス2 (8)


翌日は旧市街地とドンスアン市場を見学して汗だくでホテルに戻りハノイ・ビールで喉を潤しANAで帰国。

ラオス2 (9)


ラオス2 (10)


「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

【2015/05/13 20:18】 | ハノイ(ベトナム)
トラックバック(0) |


HARU
ラオス→ベトナムとアジアンツアーお疲れ様です。

ルームのフルーツでランプータンがなんとも、懐かしいです。
ヒゲもじゃで皮をむくと、中にもう一皮あって、せれを剥くのが大変ですが、ライチと似た味で美味しいですよね。懐かしさを感じて思わずコメントしてしまいました。


イッサ
HARUさん、こんにちは。
マレーシアに仕事で赴任されていたでけあって良く知ってますね。
ライチに似た味ですがライチの方が美味しく感じました。


fufu
5月連休も目いっぱい海外旅行楽しんでいらっしゃいましたね
fufuも今思えば、若いときにもっと海外旅行しとけばよかった~って思います
4~5年に1度位しか行っていなかったんですもの



イッサ
fufuさん、こんばんは。
行ける時に行かなければ行けなくなりますね。

後数年には親の介護となりますので今の内と思っています。

こんにちは
鬼藤千春の小説・短歌
はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説・短歌」で検索できます。一度訪問してみて下さい。


イッサ
鬼藤千春さま、こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。


コメントを閉じる▲
3日目、ホテルから  地図を見ながら北門に向かうも狭い道が多く存在し道に迷ってしまい自分の居る位置も分からない状態になり  タクシーを拾う破目に。 
無事でもないが、何とか北門に到着。
後で分かったことですが北門とは世界遺産タンロン遺跡の一部。

ハノイ2-14


ガイドブック「歩くベトナム」を見ながら北門近くの世界遺産タンロン遺跡に向かうもガイドブックの地図が違っていて又もや道に迷います。このガイドブックに関してはホーチミンでもひどい目に合っています。

タンロン遺跡は一先ず諦め、近くにあるホーチミン廊に向います。
ホーチミン廊はベトナム建国の父ホー・チ・ミン氏が安置されていて、正月休み&土曜日の影響も加わり旅行客以上にベトナム人が多数並んでいて1km近くの大行列。
本日の見学を諦め、翌日に再度来ることにして、再度タンロン遺跡を目指すもホーチミン廊に隣接している広大なバックタオ公園を迂回。
  嫁の反対を押し切り歩いて行くと言った事に対し、ののしられながら永遠と1時間以上歩く羽目に。 


タンロン遺跡に何とか到着。
結果、タンロン遺跡はガイドブック記載位置と反対の区域にありました。 
疲れ果てた~~~。

ハノイ2-15


ハノイ2-16


遺跡の発掘の場所が管理され未公開の場所も存在しています。

ハノイ2-18



当てに出来ないガイドブックを片手に各国の大使館近くにある文廟に向かいます。
文廟は孔子を祀るために建てられた廟で1076年ベトナムで初の大学が開校された場所で多くの学者や政治指導者を輩出し、本殿・石碑・孔子像など見どころが多い様です。

ハノイ2-21


ホテルに戻るとこでタクシーの運転手から乗らないかと誘われ乗ったのが間違い。翌日、他のタクシーを利用して分かったのですが倍のお金をぼられました。 


ホテルに戻りホテル近くの水上人形劇場を見学。
千年もの昔から伝わるハノイの伝統芸能、水上人形劇が開かれる劇場。農村の収穫祭の折りに水田で演じられたのが始まりで、その後宮廷でも演じられるようになったと言われていて、ベトナム民謡の調べにのせ、コミカルな人形の動きが楽しいです。

ハノイ2-24


ハノイ2-25


ハノイ2-26




夕方近くにハノイ大教会に向かいます。フランスによる植民地支配が開始してからすぐの1888年に建てられ多ハノイ最大の教会です。パリのノートルダム寺院のミニチュア版といったかんじの外観ですが、本日は見学が出来ず外観だけを見学。


ハノイ2-27


お昼はバインミー。フランスパンがサクサクして美味い。

ハノイ2-28


ハノイ2-29


夕食はDacKim(ダック・キム)でブンチャー

ハノイ2-31



最終日
昨日見ることの出来なかったホーチミン廊を見る為、ホテルを7時半にタクシーで出発。
ベトナム建国の父、ホーチミン氏の遺体がガラスケースに収められ安置されています。
入場門に着くと先ずはセキュリティでチェック。物々しい雰囲気。
列になってホーチミン廊に向かいますが、兵士が所々に立っていて、収容所に収監されるような錯覚を覚えます。
ホーチミン氏はガラスケースの中に安置され両手は御腹の上で組んでいます。ガラスケースの周りに白の軍服を着た兵士が4名、微動することなく立っている中、歩き見ながら建物から出ます。

ハノイ4-1


ホーチミン氏が住んでいた家です。
初代大統領ホーチミンが実際に暮らした家で順路に従って家の中を巡ると当時の生活ぶりが分かります。

ハノイ4-2


ハノイ4-3


見学後はホテルに戻り帰国

「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。


【2015/01/05 19:42】 | ハノイ(ベトナム)
トラックバック(0) |

今回はベトナムでしたか
fufu
新年はイッサさんどちらでお正月をされるんだろうと思っていました
ベトナムは初めてだったのですか?

飛行機事故などが有りイッサさん大丈夫なのかな~って一瞬思いました




イッサ
FUFUさん、こんにちは。
ベトナムは2回目になりますが、最近は空の事故、事件が多いですね。墜落したら一瞬ですので割り切って出掛けてます。


ティーグ
イッサさん、こんばんは(^_^)v

今回はベトナムですか~。
行ってみたい所ですね。
「アオザイ」でしたっけ?
女性が綺麗に見えますよね(≧▽≦)
あ、行くなら男だけで行きたいです(爆)


もっこり亭
今年も、宜しくおねがいします~<(_ _)>。

ベトナムでしたか~♪
食べ物が、おいしそうです~(~o~)。
ベトナム美人、写真入りでお願いしたいですよ~w( ̄o ̄)w オオー!

コメントが入れられるようになって、(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)ウレシーーー!!です。



イッサ
ティーグさん、こんばんは。
アオザイ、良いですよ。
ベトナムの女性はスタイルバッグンなんですよ。
蓮茶や野菜を沢山食べているからと思います。


イッサ
もっこり亭さん、こんばんは。
横に嫁が居なければ写真をバンバン撮ったんですけどね。
ベトナムの女性にぞっこんです。


コメントを閉じる▲
2日目。ホテルで朝食。


ハノイ2-1


 ベトナムと言えばホー。
このホーは  牛ですが、  ブタ、  鳥、  野菜の種類があります。

ハノイ2-3


自宅からネットで格安の現地SHINツーリス社にハロン湾ツアーを予約し、ツアーガイドさんが7時45分から8時15分に迎えに来る予定となっていましたが、約束していた時間から1時間遅れで来迎えに。
ツアーガイドさんは平謝り(英語)。  でしたが、取り合えず来てくれて一安心。
迎えに来た  タクシーに乗りますが、既に2組(4人)が乗り込んでいて相乗りで  バスの出発場所に移動。
バスの座席に着くも、その後、同じくタクシーで6人程が到着。
約40名で満車状態となり結局9時30分にハロン湾に向けて出発。

ハノイ2-4


世界遺産のハロン湾はハノイから約160km。バスで揺られること3時間半から4時間程で到着。
日帰り組と泊まり組の2組に分かれ船に乗り込んで直ぐに昼食。

ハノイ2-5


東京から御夫婦2名、ベトナム人1名(以前、東京に住んでいて日本語は堪能)&アメリカから来たベトナム人の友達1名と同じテーブルを囲んで6人で食事。この他、数点並びました。

ハノイ2-6


南国の魚で名前は不明。
メジナに似た味で身はしっかりしていますが、塩焼きで無く煮付けになっていたのが残念。

ハノイ2-7


ベトナムビール333です。

ハノイ2-8


ハロン湾は大小約2000以上の奇岩が海面から突き出ていて幻想的です。

ハノイ2-9


汚れきったライフジャケットを着込み手漕ぎボートに乗り込みます。自分で漕ぐカヤック2人乗りもあります。

ハノイ2-10


遊覧の後は船着場の対岸にある鍾乳洞を見学。
所々ライトアップされてます。


ハノイ2-11


ハノイ2-12


ハノイ2-13


帰りは行きと違う小型のバスに揺られホテルには8時40分到着。
夕食抜き  マッサージを受けて2日目終了。


【2015/01/05 18:01】 | ハノイ(ベトナム)
トラックバック(0) |
2015年1月1日。早朝に羽田の税関を通り、2015年最初に口にしたのは飛行機を見ながらの  寿司です。

ハノイ1-1 (1)

今回は羽田から  ハノイのノイバイ国際空港。ノイバイ国際空港からはホテルのサービスで  車で迎えに来てもらい空港から1時間ちょいでハノイ・インペリアル・ホテル★★★に。


ハノイ1-1


ウエルカム・ドリンクはバナナジュース。

ハノイ1-1 (3)


部屋は広々してリラックス出来ますが、ホーチミン同様に同じ時間帯に皆さん  シャワーを使う為、シャワーのお湯が水に変わるのはきつかったです。

ハノイ1-1 (2)


   掃除の方が忘れたゴム手袋が1個・・・気にはしません。

ハノイ1-1 (5)


 バナナ&  マンゴはサービスで毎日提供され、有り難い事です。

ハノイ1-1 (4)


荷物を置き、ホテル近くのホアンキエム湖を散策。


ハノイ1-1 (7)


湖畔ではアオザイを着ているモデルさんの写真会が催され、一緒に撮らせて頂きましたが  バイクが邪魔だ。

ハノイ1-1 (12) - コピー


ホアンキエム湖は明(当時の中国)からの侵略を受けたベトナム。当時の王・レ・ロイ王は明軍を退け平和が戻った頃、王が湖を遊覧していたところ、巨大な  亀が湖面に出でて、「自分は神の使いである。ついては、  宝剣を神に返していただきたい」と申し出てレ・ロイ王が宝剣を差し出したところ、大亀はそれを咥えて湖の中へ。湖北側にある玉山祠では、この伝説の亀では?と言われている大亀のはく製が展示されていますが、如何にも作り物ぽいです。

ハノイ1-1 (11)


湖の中にぽつんと建っている塔が、その宝剣を還した場所だとも言われていて、夜はライトアップされています。

ハノイ1-1 (15)


夕食はクアンゴンでベトナム料理を。レンム・ブンチャー・牡蠣の生・ココナッツジュースなど。

ハノイ1-1 (16)


ハノイ1-1 (17)


ハノイ1-1 (20)   ハノイ1-1 (21)   ハノイ1-1 (25)


ハノイ1-1 (26)   ハノイ1-1 (27)   ハノイ1-1 (18)

交通ルールーが一体どうなっているのか縦横無尽にぶつかる事無く・・・いいえ、バイク同士の事故を目撃しましたし、バイクに跳ねられそうにもなりましたが、2日目からは何とか車・バイクをかわせる様になりましたので永住できそうです。

ハノイ1-2





「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

【2015/01/05 16:30】 | ハノイ(ベトナム)
トラックバック(0) |