駿河湾での黒鯛釣り (かかり釣り ・ 紀州釣り ) ・ 旅行 ・ 農業
7時28分発の国営鉄道サン・サザール駅からVersailles Rive Droite駅を下車してヴェルサイユ宮殿に。

パリ (77)

パリ (78)

パリ (79)

Versailles Rive Droite駅

パリ (80)

ルイ14世王朝の命により50年の歳月と膨大な経費をかけて完成した宮殿で建物が一つの巨大な芸術作品。豪華な室内装飾は当時の姿を忠実に再現しています。

パリ (81)

パリ (85)

パリ (86)

パリ (88)

パリ (91)

パリ (94)

パリ (97)

見学後サン・サザール駅に戻り、メトロでオルセー美術館に。
1986年に開業した駅舎を再利用した美術館でモネ、ルノワール、シスレーの絵画が中心で7万点所蔵し約4000点を展示しています。

パリ (100)

オルセー美術館での写真撮影はNGなのですが、沢山の人が写真を撮っています。
自分も流されて「郷に入っては郷に従え」じゃないですけど  天使が  悪魔に負けて写真撮影。

ゴッホの自画像

パリ (105)

帰る迄の時間つぶしで繁華街をぶらりとしましたが、ダニエル・ビダルやシルビア・クリステルの様な女性に御目に掛かることが無かったのが残念。

パリ・プランタン

パリ (109)

ギャラリー・ラファイエット
1893年創業のヨーロッパ最大級の老舗デパートでステンドグラスが美しいネオ・ビザンチン様式のガラスドームが凄いです。

パリ (110)

帰国前にカフェで本家の  オランジーナを飲みましたが果実が少し入っています。

パリ (111)

「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。
スポンサーサイト

【2014/08/04 21:10】 | パリ(フランス)
トラックバック(0) |


大臣
ヨーロッパ遠征お疲れさまでした。
画像を見ると我々アジア人とは全く違う民族圏ですね。自分にはやっぱり台湾とか香港の方が合ってます。


もっこり
ベルサイユ宮殿ですか~♪

フランス革命の香りがしますね。

いや~良いな~行ってみたいですよ~♬

オランジーナは、本家の方が美味しかったのでしょうか?

楽しんで来ましたね~(^_-)-☆


素晴らしい旅でしたね
fufu
さすがにフランスは聞いたような見たような観光名所が多くて
一度は言ってみたいと願望していましたが
もうあきらめムードでいます
何時もの事ですが行きたいところをくまなく巡って
出発から帰国まで計画的に行動されるイッサさんご夫婦すごいです
このブログの写真だけでも写真集が出来そうな
素晴らしいものばかりですね


イッサ
大臣さん、こんばんは。
中国人や韓国人の団体さんがめっちゃ多いですけどフランスでは必ずジャパニーズと聞かれるので個人旅行者が多いのかも知れませんね。


イッサ
もっこり亭さん、こんばんは。
オランジーナの味は日本と変わらなかったかな~。本場って言う雰囲気を味わったという感じですね。
もう少し休みが取れれば良かったのですが、使われている身で、こればかりは。


イッサ
fufuさん、こんばんは。
個人旅行は時間ロスやトラブルも多いですけど、そちらの方が思い出になりますから、個人旅行はやめられないです。

コメントを閉じる▲
午後は地下鉄    メトロ線で移動。
チケット売り場の駅員さんがチケットの買い方をレクチャーしてくれ助かりました。
ただ、気を付けなければならない事が、他の駅で、一般人が買い方を教えて  お釣りを催促してきましたので要注意です。
勿論、拒否。

パリ (43)

パリ (44)

パリ (45)

自動ドアではありませんので乗車、下車の時はレバーを上げなければドアーは開きません。

パリ (99)

CITE駅からGrands BouIevards駅へ移動し、駅から徒歩1分  レストランBOUILLONに。
ネットで調べた地元の人が通う  シャンソンが流れる洒落た  お店で2時過ぎに入りましたが満席状態で地元の  マダムと相席になります。

パリ (46)

パリ (47)

オーダーはテーブルクロスに直にか書き、利にかなっいてます。

パリ (48)

ここでは  エスカルゴ。初めて食べましたが、  パセリ&  ニンニクで味付けされ味は最高でした。

パリ (50)

蒸しエビ。  エビは何処も一緒かな。

パリ (51)

 チキンは昨日食べたのとは大違いで外がパリッとして中は柔らかでジューシーでこれまた最高でした。

パリ (52)

メトロでモンマルトンの丘にあるサクレ・クール寺院にケーブルカーで登ります。
サクレ・クール寺院はフランスとプロイセン王国の間で行われた戦争「普仏戦争」。ドイツ諸邦もプロイセン側に立って参戦したため独仏戦争とも言いますが、犠牲となった市民の慰霊するため1875年に建設されたロマネスク・ビザンチン様式の寺院です。

パリ (57)

パリ (58)

パリ (59)

その後、凱旋門に。
シャルル・ド・ゴール・エトワール広場の真ん中に立つシャンゼリゼ通りのシンボルでオーステルリッツの戦いの勝利を称えるため、ナポレオンの命で造られ展望台からは12本の大通りが放射線に延びるのが見下ろせます。
ただ、展望台までの螺旋階段のきついこと。 

パリ (61)

パリ (62)

パリ (63)

パリ (64)

螺旋階段を登った為、喉がカラカラで、凱旋門前のシャンゼリゼ通りのカフェでお茶します。
お店はラデュレロイヤル本店です。  マカロンの超有名店で試しにマカロン1個、  エスプレッソに  オレンジ(生)ジュースで、な,な、何と2,000円位盗られました。イイエ取られました。 
尚、マカロンの味ですが甘いだけで日本のマカロンの方が美味しく、  観光雑誌に載っている名店ほど当てにならないと再認識です。

パリ (68)

パリ (70)

のんびりしてからエッフェル塔に徒歩で向かいますが、喉の渇きが解消されず、シャンゼリゼ通りにある露店で    ジュースを買っちゃいました。

パリ (71)

エッフェル塔は1889年のパリ万博博覧会の時にフランス革命100周年記念として建造され、当時はパリの風景に合わないとの不評だったそうです。

パリ (72)

10時から始まるエッフェル塔のシャンパン・フラッシュ(5分間)が始まるまで2時間待ちましたが気温がドンドン下がり、薄手のジャケットを持って行ったのですが、それでも  寒く震えながらやっとのこと見れました。

パリ (73)


夕食はホテル前の  ピザ屋さんで  チーズがタップリ乗ったマルゲリータを頂きました。

パリ (76)

パリ (75)

パリ (74)

「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

【2014/08/04 07:40】 | パリ(フランス)
トラックバック(0) |


もっこり
エッフェル塔の写真は、圧巻ですね。

とても良く撮れていますよ~♪

街並みもお洒落で、食べ物も美味しそうです。
エスカルゴは、本場の物を食べて見たいですね。


イッサ
もっこり亭さん、こんばんは。
エスカルゴは絶対に外せないと思い、旅行雑誌では外れが多いのでネット検索で見つけたお店で、隣に座ったマダムがメニューの中から推薦してくれて良かったです。

コメントを閉じる▲
2日目の午前中はホテルから徒歩で回れる所を地図を片手に、先ずはマドレーヌ寺院の外観のみ見学です。
古代ギリシャ神殿のような、聖女マグダラのマリアを守護聖人とするカトリック教会。

パリ (1)

この後、ルーヴル美術館に向かう途中アンジェリーナを発見。1903年に貴族の社交場として歩み始め、今も雰囲気があり  モンブランの超有名店です。スポンジの土台がなく底に小さく柔らかなビスケットと、クリームの上にマカロンが覆い被さり物凄く甘いく、ダージリン紅茶にカプチーノを頼んで妬く4000円って、ぼったくり。 
お店が高級ホテルの並びにありますから場所代を考えるとしょうがないのかな。


パリ (4)

パリ (5)


パリ (7)


その高級ホテルからツール・ド・フランスに参加していたアスリート達が出てきたところです。

パリ (3)


食べたことを後悔しながら歩いていると、何と、昨日相席となった女子大生にバッタリ。彼女達はアンジェリーナに向かう途中で、自分達より一足早く今日、帰国です。



世界最大級の約30万点を超えるコレクションのあるルーヴル美術館に到着。
ミュージアム・パス(二日間有効)を空港で購入していますので、入場券を買い求める列を横目に並ばず入館できます。

パリ (29)

パリ (11)

パリ (10)

パリ (9)

お目当ての「モノリザ」も行列が出来る前でしたので最前列のど真ん中で写真を撮りました。

パリ (20)

パリ (19)

ハムラビ法典

パリ (13)

ミロのヴィーナス

パリ (14)

ミケランジェロの瀬死の奴隷

パリ (21)

ウジェーヌ・ドラクロワの民衆を導く自由の女神

パリ (18)

ダヴィッドのナポレオン1世の戴冠式

パリ (21)

サモトラケのニケ

パリ (22)

名作がずらり展示されていますが、建物の内装も見どころ一杯です。

パリ (17)

パリ (15)

パリ (23)

パリ (24)

パリ (27)

パリ (26)

ルーヴル美術館から徒歩10分でオランジェリー美術館に到着。
写真はありませんが、モネが描いた8枚の睡蓮が展示されていました。

パリ (30)

コンシェル・ジェリーに向かいます。
14世紀にフィリップ4世が建てた城でマリー・アントワネットが断頭台に向かうまでの2ヶ月半滞在した独房が展示されています。

パリ (31)

パリ (32)

パリ (33)

パリ (34)

サント・シャベル協会
ルイ14世の命により1248年に完成したゴシック建築で壁一面のステンドグラスが圧巻です。

パリ (35)

パリ (36)

パリ (37)

ノートルダム寺院
聖母マリアを称えるため、1163年から200年の歳月をかけて完成したフランス初期のゴシック建築の寺院。
優美さから「白い貴婦人」と呼ばれステンドグラスが有名で寺院の前に  星印が。フランス発祥第一歩の地とされ、寺院の方向を向いて両足で乗り願い事を願うと叶うそうです。

パリ (38)

パリ (39)

パリ (40)

パリ (41)

パリ (42)


「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

【2014/08/03 11:30】 | パリ(フランス)
トラックバック(0) |


もっこり
教会や、寺院の建造物は素晴らしいですね。

こういうのを見てると、建築、設計などにも興味が出ますよね~♪

いや~良いですね~(^_^)


イッサ
もっこり亭さん、こんばんは。
歴史のある建物は海外でも日本でも趣があって良いと思います。

コメントを閉じる▲