駿河湾での黒鯛釣り (かかり釣り ・ 紀州釣り ) ・ 旅行 ・ 農業
成田21時50分発で  UAEのドバイには現地時間の3時に到着。時差がありますのでドバイ迄の飛行時間は約10時間で食事が2回  も~、満腹状態。


プラハ2


プラハ3 プラハ4


ドバイ経由で  チェコのプラハ空港に向かうまでトランジットの6時間を空港内で待機。空港の外は  猛暑(朝3時で37℃)で外は真っ暗ですし観光など出来るはずもなく6時間が・・・。
エミレーツ航空での乗り継ぎになりますのでトランジットが4時間以上でパウチャー(無料食事券)が頂け、8時間以上になりますとホテル代(朝食付き)となりますので、今回は空港内で指定されたお店でパウチャーを利用で、お腹が一杯でもタダですと無理してでも食べちゃうんですよね。

プラハ5 (3) プラハ5 (2)


現地時間9時05分やっと出発です。
到着までの飛行時間は約3時間たっぷりとありますので機内では旅行で使う必要最小限のチェコ語をお勉強ですが・・覚えられないのでポケットに仕舞い込み、使う時だけ見ながら話すことにします。

プラハ1


またまた、食事で機内では動くことが制限され  ブタになっています。
機内からはサウジアラビアかクウェートの砂漠地帯に点在する町が見え、チェコ共和国プラハ・ルズィニエ国際航空に15時50分到着で日本との時差は7時間になります。


プラハ7


プラハ8


空港からはシャトル・バス(ミニバス)でホテル近くの共和国広場へと向かい、共和国広場から徒歩で3分位のところを  地図を片手に道に迷いながら石畳の道をガタガタと  スーツケースを引きずりながら10分程掛かりホテルに到着。

プラハ9


ホテルはグランド・ボヘミア。クラッシック音楽をテーマとした漫画作品を原作としたフジテレビのテレビドラマ「のだめカンタービレ」(主人公上野樹里:玉木宏 )の舞台にもなったホテルですが格安の部屋を頼みましたので低層階の2Fです。

プラハ10


部屋に案内される前に  カプチーノで御持て成し。ガラスコップに入っているのは  微炭酸水で、スーパーでも沢山並んでいて、レストランでも出てきます。

プラハ11

プラハ12


プラハは  音楽の街、  美術の街、 建築の街、  ビールの街でスリが多いらしく、昨年は  嫁がバルセロナで5万円と携帯をやられましたから人込みは要注意と嫁に言い聞かせてホテルに荷物を置き、旧市街にある旧市庁舎の展望台から町並みを望みます。

プラハ13 (3)


プラハ13 (2)


プラハ14


プラハ15


旧市街は中世の雰囲気がある街で14世紀から19世紀(鎌倉時代後半から明治時代)の歴史的建物が多くあります。
旧市庁舎は第2次世界大戦後に修復し15世紀(室町時代)に造られた天文時計で毎正時に  キリストの12使徒の人形が顔出します)市街を散策しコーンサーとを見学。コンサートは劇場や教会、ホテル、レストランなどで毎日のようにどこかで開かれて、路上などでも目に掛けます。長旅ですので  眠たく何度かこっくりし堕ちそうでしたが第一のミッションは終了。

プラハ17 プラハ18


夕食はホテル近くのカフェでチェコで伝統的な  ポークカツ。期待はしていなかったのですが想像以上の味で美味しくプラハは  ビール発祥の地で喉に苦みが残らずサッパリしています。


プラハ22 プラハ20


プラハ21 プラハ23






プラハ2日目
朝食は機内で出された  パンや  チョコ、 クッキーなど食べ、7時半にはプラハ城を目指して出発。

プラハ19


カレル橋を通りプラハ城に。
カレル橋は1357年(室町時代)に着工され「王の道」として歴代王の載冠式や馬上試合に利用され、今は聖像彫刻が並んでいて聖ルトガルディス像でキリストが描かれています。聖ヤン・ネボムツキー像で触ると幸せになれると言う言い伝えがあり、沢山の人が  触りますので  黄金色に輝いています。

プラハ44



プラハ城はボヘミアン王の居城で9世紀(平安時代)に建設され敷地内には協会や旧王宮などあり、聖ヴィート大聖堂は600年(室町時代から昭和初期)をかけたゴシック建築で隣は聖イジー協会でプラハでは最古の建築物でミュシャの  ステンドグラスが有名です。

プラハ50


プラハ49


プラハ31


旧王宮は  花を描くような梁が最大の見どころで、現在は大統領選挙などに利用されています。


プラハ32


プラハ33


聖イジー協会、黄金小路を見学。黄金小路はカラフルな家が並ぶ小道で錬金術師が集まり住んでいたという伝説が道の名前の由来で今はショップやギャラリーになっています。


プラハ34


プラハ35


プラハ城内にブログネタが。
何の像か知れませんが、身体の一部が観光客に触られ  黄金色に。・・・日本的には子宝の御利益があるのか
 嫁はニタニタしていましたし、  女性の方が恥ずかしながらも次から次に触ってました。(男は誰一人と触っていません。)

プラハ37


プラハ38


ストラホフ修道院を見学後、チェコ名物のお菓子トゥデルニーク。
チョロスを硬くした感じで、ボリュームがあって顎が疲れ食べるのに飽きてしまいます。

プラハ40 プラハ41


聖ミクラーシュ協会(リヒテンシュタイン宮殿)で18世紀(江戸時代)に建設され  聖書に基づいて描かれた天井のフレスコ画が見どころです。

プラハ46


プラハ43


プラハ42


夕食は中世の建物の中にあるレストランでチェコ伝統料理の  ポーク膝肉ロース・  キノコ入りホームメード・ポテトスープ。

プラハ25


プラハ28 プラハ26





翌日は同国のチェスキー・クロムロフ。
翌々日は  ドレスデンと向かいドレスデンから戻った最終日はホテル近くの地元との方ばかり訪れるレストランへ。
カウンターに見える料理を指を差し料理をお皿に盛ってもらい食べ終わりは自分で片付けるセルフサービスでメニューを見ても何が出るか分からないってことはないので安心。
ボリーュムがあり美味しく一品を二人で分けるのがベストかな。
ホテルへの帰り道に市場で果物(イチゴ・ブルーベリー・ラズベリー・ブラックベリー等)を持ち帰り帰国です。

プラハ65  プラハ66


プラハ67  プラハ68


プラハ最終


「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

スポンサーサイト

【2013/08/01 17:30】 | プラハ(チェコ)
トラックバック(0) |


HARU
はい、いいえ で あの、ね はなかなかおもしろいし、覚えやすいですね。

ヨーロッパは中世の建造物が、なんていうか、深みがあると言うのか、何とも言えない良さを感じますよね。



こんばんは
fufu
イッサさん凄いな~
チェコ、プラハ等良く聞き写真も見ますが
実際に観光に行った人はfufuの知り合いではいません
素晴らしい写真にガイド付きのイッサさんのブログに見入っています


イッサ
HARUさん、おはようございます。
チェコは20年位前までは共産圏でしたので極端な開発が行われていないので、良い雰囲気です。


イッサ
FUFUさん、おはようございます。
チェコへは日本からの直行便がないので、中国や韓国の方より観光客が少ないですね。
特にプラハでは町全体が世界遺産なのでヨーロッパ各地からの観光課が多いそうです。

こんにちは!
トモシナ
チェコですか・・・。
とても綺麗な町並みで羨ましいです。
やはり、キリスト教なんですかね?
プラハ場内の黄金色に光っている一物は綺麗でしたね・・・。
そうですか?女性はみんなこすっていくんですねv-411


イッサ
トモシナさん、こんばんは。
女性は凄いです。
同姓、いや、異性のものでもとても触れませんよ。タジタジです。


もっこり亭
凄い~チェコですか~(*^^*)。

聖堂も素晴らしいですね♪
銅像の場面では…ここまで触られてる人も居ないでしょうね(笑)。

行ってみたいですよ~(^-^)v。




イッサ
もっこり亭さん、こんばんは。
お触りは万国共通のようで、後10年もすれば皆に触られて、どんどん細くなるんでしょうね。

コメントを閉じる▲