駿河湾での黒鯛釣り (かかり釣り ・ 紀州釣り ) ・ 旅行 ・ 農業
朝、7時起床。昨日  スタバで買った  サンドイッチに  カットフルーツに  水をベランダで。
思いも依らない事によって予定が狂いましたので、質素な朝食。 

s-177.jpg


サッサと食事を済ませ、サグラダ・ファミリアの開門20分前となる9時10分前に到着しましたが、既に300人以上が  並んでいます。
2時間程見学し外に出ると自分達が並んだ3倍位の列をなしてましたが、自分的にはカサ・バトリョの方が見所が一杯で好きでしたね。

s-178.jpg


s-227.jpg


s-223.jpg


s-185.jpg


s-180.jpg


s-184.jpg


サグラダ・ファミリアの見所の一つで、  エレベーターで最上階まで昇り、外の景色を見終わり下に下るらせん階段です。

s-187.jpg





徒歩で世界遺産の  サンパウ病院に。建築家リュイス・ドメネク・イ・モンタネールが手がけたもので敷地内には複数の建築物が立ち並ぶ巨大な建物群で、一部分は中に入って見れますが中世の建物で、歴史を感じさせます。

s-189.jpg


s-191.jpg





グエル公園へと向かいます。当初の予定では歩いて向かう予定でしたが地図を良く見ると高台で距離もありますので  タクシーで移動となりましたが、結構な距離を走りましたし坂も急でしたので移動方法を替えて正解でした。

グエル公園は イギリス風庭園住宅を作る予定が売れずに計画が失敗し、その後、市に寄贈され公園となりガウディが説計したもので、タイル装飾の  ドラゴンがメインですが、  写真に自分がもろに写っていますので、お土産で買ってきたドラゴンを載せます。


s-192.jpg


s-193.jpg


s-194.jpg

s-196.jpg


これがドラゴンですが公園ではドラゴンと一緒に写真を撮る列が途絶えることは無く  順番待ちで  小さい子供達と一緒に自分も並びましたよ。実際の大きさは高さが60cmの長さが3m位です。


s-272



観光最終日、  イギリスの作家マセット・モームが世界でもっとも美しい通りと称したランブラス通りを通ります。1976年に製作されたミロのモザイク画があり、プラタナスの並木が続く通りを進みボケリーア市場で朝食。

s-244.jpg


s-234.jpg



s-235.jpg


s-237.jpg


s-238.jpg


s-236.jpg




市場の入り口のお店で  テレビ取材が行われていて、店内には料理に関すると思われる   コンテストの賞状が数枚張られていて、このお店に入るしかないでしょう。
期待出来そうです。
ムール貝・ビーンズ・コーヒー・ホウレンソウの卵とじと頼みました。ムール貝はフォークで食べていたところ、 地元の方から  指で貝殻の端を摘まんで口までもっていって食べる事を教えてもらい、美味くいただきました。おまけに   ホウレンソウの卵とじの  お金がカウントされず得をしましたし、期待した通りの最高の食事にありつけました。

s-241.jpg


s-242.jpg


s-243.jpg


世界遺産のグエル邸に。
ガウディの初期の作品でメインエントランスに大理石を用いるなど高級素材を使っていて、屋根や煙突は不要な大理石の破片や割れたタイルなど建築廃材で作られています。

s-253.jpg


s-249.jpg


s-248.jpg


s-251.jpg


ホテルに戻る途中、駅とホテルの間で夕方になると何時も物凄く込み合っているバルがあって、そのお店がとても気になっていました。
とにかくバルに入って腹ごしらえ。

s-262.jpg


カウンター席で、美味しそうなマテ貝・赤貝・アンチョビ・蟹と海老のタパス・フィデウァ・アサリと言葉が解らないので指を指して頼みましたが、驚く事に  アサリは「アサリ」でOK、通じます。 おまけに味の方は良いじゃないですか。旨いゾ  
 ワインも飲みましたが、嫁はアルコールは全くダメなので  水か  ジュースにしろと言うのも聞かず、ワインを頼んだ挙句に1口飲んで要らない  
ざけんな   元々、アルコールに強くない自分は  嫁の残したのも飲みましたので少し   酔ってしまうし、コレステロールが高めなので、あれはダメ・これはダメと食べたいものを制限される有様。
自分かってでいい加減にしろと言いたくなりますよ。 


旅行雑誌やネット情報も良いですけど、込み合っている店が一番ですね。このお店は今回の旅行で一番美味しかったですね。・・・もっと食べたかった。 
 

s-256.jpg


s-258.jpg


s-259.jpg


s-260.jpg


s-261.jpg


s-266.jpg


s-267.jpg


s-269.jpg


s-270.jpg




帰国後、お小遣いは減らされました。  

誰のせいだ 



「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。
スポンサーサイト

【2012/08/15 15:00】 | バルセロナ(スペイン)
トラックバック(0) |

今晩は!
ツー
サクラダファミリア凄いですね―v-405
やはり、日本だけじゃなく世界で有名なところは並ばないと駄目なんですね。v-404
それにしても凄いつくりですね。
最後の美味しそうな店でワインなんて最高ですね。v-272
酒好きの私には、たまらない肴ですね。v-218


fufu
まるでおとぎの国を見ているかのような込み入った外観の建物、その中は又なんて美しいのでしょう
そこをバッチリ撮って見せてくれるイッサさんの腕前も素晴らしいものです
説明文もとてもよくかいていらっしゃって感心します
海外のいろんな食べ物もとても興味があり勉強になります


ティーグ
サグラダファミリアは死ぬまでに一度は見てみたい所ですが無理かな~(^◇^;)
そんな場所を見て回られてきたイッサさんが羨ましい。
人生観が変わりそうですね。




イッサ
ツーさん、こんばんは。
殆どの人がワインやビールを飲んでましたね。
お店の接待も良いですし、雰囲気も良かったですよ。


イッサ
fufuさん、こんばんは。
混んでいるお店が美味しいのは間違いなしです。
日本もそうですけど、書き込みをだけを信用しない方が良さそうです。
教訓になりました。


イッサ
ティーグさん、こんばんは。
人生観が変わりましたが、
それは、スリ被害にあったことで人間不信になったことです。・・・あ~ぁ、自己防衛・自己責任ですね。


もっこり亭
観光名所は、長蛇の列~~♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!ですね。

貝類が、とても美味しそうです。きっと、美味しいワインと凄く合いそうな感じ~~(~o~)。
行ってみたいですね~(^'^)。



コメントを閉じる▲
初日のホテルに戻りましたが初日とは違ったバルコニーの付いた部屋です。
早速、 荷物を置きホテルの近くにある世界遺産のカサ・バトリョに 歩いて向かいます。

s-150.jpg


ベランダからの景色で、真向かいのホテルの部屋が丸見え状態。

s-149.jpg


カサ・バトリョはガウディが1870年に建てた邸宅でタイルや変わった作りで見どころ満載です。

s-176.jpg

s-159.jpg


s-152.jpg



s-153.jpg


s-166.jpg


昨日の事(スリ被害)から頭が離れないのか、  嫁は間違って男トイレに入り、続けて入った男性(外人)二人にクレームを。
男性は嫁がトイレから出るまでトイレの外で待ちぼうけで、嫁がトイレから出てきてから間違った事を伝えると恥ずかしいと、慌てるように次の目的地に。
  トイレのマークの色が共に赤ですので分かりにくいかも知れませんが注意力が足りないんですよね。

s-173.jpg s-174.jpg







5分ほど  歩いてカサ・ミラに到着。
ガウディが建造した住居兼高級アパートで、如何にもガウディ作って感じで、ここも観光客が長い列を作って並んでました。

s-175_20120728222906.jpg


s-169.jpg


s-170.jpg


s-167.jpg



お昼はバルで、  嫁がネットで美味しいと書き込みのあったお店でイベリコ豚・魚のムニエル・トルテイアなど食べましたが、イベリコ豚は美味しかったが、他のは・・・ボチボチかな。
頼み方は  お寿司屋さんのカウンター席のケース内の物を  指を指して頼む感じでOKで、カウンター席は食事が終わりそうな人の後ろに勝手に着いて終わったら座るシステムです。テーブル席はお店の案内で座りますが  メニューを見ても判りませんからカウンター席が良いですね。

s-255.jpg



s-161.jpg


s-164.jpg



午後からはカタルーニャ音楽堂に向かいます。
広くはないですが、豪華な装飾を施した  音楽堂です。

s-208.jpg


s-206.jpg


見学後、左右に古い建物を見ながら海岸近くにあるパエリアの老舗に  向かいます。

s-209.jpg


セッテ・ボルテスに到着。
世界のVIPも訪れるとのことで、日本語   メニューもあって嫌が上でも期待しゃいます。
お任せの盛り合わせは美味しかったですが、期待に胸を膨らませたパエリアは最悪で、  ここも汁があって味が濃すぎです。  カレーもそうですが、日本人に合った日本のパエリアが一番です。

s-210.jpg


s-211.jpg


s-215.jpg


s-220.jpg


来た道を戻り、 カテドラルに。
カタルーニャ・ゴシック様式の教会でバルセロナの守護聖女サンタ・エウラリアの石碑が安置され、見学には露出が多い人は入れません。自分の前でも数人の女性が見学を断れていましたよ。自分的には  目の保養になるんですけど。 

s-222.jpg

たまたま、教会内では聖歌隊を観る事が出来、感動ものでした。

s-228.jpg


近くにある  中世アラゴン王宮の中心地の王の広場に行きましたが、ただの広場だけです。

s-229.jpg


ホテルに戻りバルで食事を済ませ、夜はライトアップのカサ・バトリョとカサ・ミラを見学。

s-232.jpg


s-233.jpg



「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

【2012/08/14 08:10】 | バルセロナ(スペイン)
トラックバック(0) |


ティーグ
奥様はスリにあった翌日ではまだショックが残っていて気もそぞろだったんでしょうね。
それにしても素晴らしい歴史的建造物、実際に見る事が出来て羨ましいです。


イザッチ 
黒鯛無茶釣れているじゃないですか~
僕なんて14時間粘ってキビレが2枚
ですよ~
しかも24cmと27cm。
僕もこれだけ釣れるようになりたいなぁ~
もっと勉強しなくちゃO(≧∇≦)O

綺麗な建築ばかりですね。
こんなに芸術的な建築物があるなんて
思ってもいませんでした。
遠くて行く価値がありますね。
見てみたいなぁ~

今晩は!
ツー
ガウディって有名な建築家でしたよね・・・。
さすがに、個性的というか、凄いですね。v-405
建築物はやはり欧州を感じさせますね。v-218私は行ったことがないのですが、イメージですがね。
パエリア等が味が濃いのは残念でしたね・・・。
私は濃い味等なんで大丈夫かなv-236



イッサ
ティーグ さん、こんにちは。
スリ被害は、精神的にも金銭的にもダメージが大きいです。
ただ、怪我も無く帰れたので良しと思うしか無いですね。


イッサ
イザッチさん、こんにちは。
潮が良かったのと運が良かった、この2点で釣れたと思ってます。
坊主が殆んどですからね~。でも、イザッチさんは慣れない釣でキビレ2枚は凄いですよ。


イッサ
ツーさん、こんにちは。
個性的な建物で、周りの風景からも飛び抜けて目だっていて、遠くまで来た甲斐がありました。
パエリアは塩味で味が濃く、日本のお店で食べるパエリアの方がはるかに美味しいですよ。


もっこり亭
なるほど・・・トイレのマークが~~(笑)。

間違えやすいですね~(T_T)。

建物も、街並みも・・・日本の比じゃないですね。
とても綺麗です~♪。




AGA
興味がある建物が多いです。

Rを多用した構造物、、、、無駄な空間が贅沢に

しかし、食物は、、、、、、

食欲がそそれれない。。。。アジア人ですから、、、

写真は綺麗にクッキリと見やすいしアングルがいいですね。

こんな感じの写真を撮ってみたいです。


イッサ
もっこり亭さん、こんばんは。
日本ですと男のトイレは黒ですけど、あちらは赤なんですよね。焦ってトイレに飛び込んだ訳でないので、もう少し注意しても良いんですけどね。


イッサ
AGAさん、こんばんは。
今回は、個性的と言うか独創的と言うか変った建物の観光が多かったですね。
食事は美味しい所を見つけるのが中々難しいです。

コメントを閉じる▲
6時起床。(日本時間では13時)
TMB(地下鉄)エスパーニァ駅に向かい、乗り換えでカタルーニャ鉄道のスペイン広場駅からコロニア・グエル駅に向かいますが・・・。


s-55.jpg


s-56.jpg


s-57.jpg


途中の駅で不通となり、シャトルバスで隣の駅まで乗り換えて何とかコロニア・グエル駅に。

s-58.jpg

s-59.jpg


無人駅で、駅からはガウディが作り始めた教会まで向かうのに路面に青の足跡が記していますので、その足跡を頼りに進みますとインフォメーションセンターがあり、そこで入場券を購入。

s-60.jpg

s-61.jpg


変に看板が有るより分かりやすく、迷わずに到着。
コロニア・グエルではステンド・グラスと椅子が有名です。

s-64.jpg


s-65.jpg

s-67.jpg


見学後、カタルーニャ鉄道のモンセラット駅に向かい、乗り継ぎとなる登山鉄道でモンセラットに。
モンセラットは修道院で黒いマリア像で有名でマリア像を触ると願いが叶う言い伝えがあります。

s-77.jpg

s-80.jpg


ここからは余り思い出したくは無いんですけど・・・。





 嫁は知らぬ間にふらっと自分から離れて、土産ものなど見る癖があるんです。
この時も同じ行動を。
自分のとこに来た時にはリュックの後ろのファスナーが空いていて、確り締めないと盗まれるぞと言ってその時はリュックの中の確認はしないまま、 ふう~、まったく気が付かなかったのです。




s-91.jpg


s-93.jpg





長い行列に並び約3時間を掛けて、やっと黒いマリア像を見学出来る所まで来た時、黒いマリア像の近くに寄付を募る木箱があって、 嫁がリュックからお金を出そうと・・・無い・・・無い・・・無~い。

s-95.jpg


マリア像を触るも、 嫁も自分も、願い事を言う事など考える余裕も無く、近くの広場でリュックを全開して見たものの、 携帯電話と  ユーロで5万5千円を盗まれてしまったのです。  
そうです、駅に着いて直ぐにヤラレたのです。
直ぐに自分の携帯で嫁が携帯に電話。
何と  泥棒(男)が電話に出て「バイ・バイ」・・・ざけんな  
ドコモに盗難届を出して携帯の使用を止めたのですが、帰国してから確認すると3時間の間に16000円分の電話を使われていたのです。

オマケに盗まれたから今月の自分の小遣いは無し何て分けの分からない事を言うし、自分で責任とれ。

 息子から、スペインはスリが多いから気を付ける様に言われていたのに・・・、このリュックはどう見ても、盗って下さいと言っている様な物で、駅から降りて僅か10分程で被害に合った訳です。

s-143.jpg


意気消沈したまま今夜のホテルに移動。 
ユーロを全て盗まれましたので、モンセラット駅からマンレサ・アルタ駅間の電車代、その後のカルドナまでのタクシー代金をカード払い。

ホテルはカルドナ・パラドール。
国営のホテルは全てパラドールで、ここのホテルは国が維持出来なくなった貴族の城を買い取りホテルにしています。
高台に位置している古城で、近くには塩山もあってロケーションが素晴らしいです。

s-105.jpg


s-97.jpg


s-100.jpg


夕食は、メニューを見ましたが全く理解できず悪戦苦闘の末、自分はウエイターの人を捕まえ、 ベジタブルに   魚のムニエルを注文です。
ムニエルは定番って感じで、味はまずまず。  野菜はドカンとドカ盛で何の下味も無しで、 ウサギになった気分。
お勧めはオリーブ・オイルを掛け、少量のビネガーを掛ける様に説明されましたが、  塩を振りかけるのがが一番美味しかったったて言うか、野菜本来の味しか感じられず最悪な夕食となりました。 

 嫁はアンダルシア地方の定番ガスパチョ野菜の冷スープを頼んだのですが、 玉ねぎの苦味が強く途中でギブアップで、味を聞かれてボリュームが多くて食べられないと誤魔化してましたよ。

s-125.jpg


s-121.jpg

s-118.jpg


s-122.jpg

s-123.jpg

s-124.jpg


 ヨーグルトを頼んだつもりが、中央に  チョコが乗って周りが  果物で、果物にチョコを付けて食べるのですが、チョコが苦く折角の果物が不味い。・・・最悪だ。

s-128.jpg


翌朝の朝食はビュッフエで好きなものを選んで食べれますので安心。
定番のイベリコ豚にチーズ、果物類など、昨夜の夕食よりはるかに美味しかったです。

s-135.jpg

s-137.jpg

s-138.jpg

s-140.jpg

ホテル周りを散策後、初日のホテルに戻ります。



s-132.jpg


s-107.jpg





「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

【2012/08/03 21:10】 | バルセロナ(スペイン)
トラックバック(0) |


運ちゃん
せっかくの海外だったのに・・・

残念でしたね。。。

でもね“スリ”なんかするヤツ!

必ずバチが当たりますよ!

よくない事するヤツ・・・オイラはそ~信じてます。。。

オイラが呪いをかけてやりますよ!^^i-191


ティーグ
スリにあうとは災難でしたね。
スペインやイタリアは特に多いって聞いてますけど
そんなことだから国がつぶれそうになるんですよヽ( `皿´ )ノ
楽しいはずの海外旅行に汚点がついちゃいましたね。



AGA
やられましたね。

フランスもそうでしたが、駅のそばは危ないのです。

特に、日本人は最高の獲物?

しょうがないのです、、、、、

危険予知本能が、、、、、我々、大和民族は、、弱いのです

6625



おはようございます!
ツー
散々な目にあってしまいましたねv-399
5万五千円と携帯電話代も・・・・。
頭にきますねv-412
やはり、海外はスリが怖いですね。
肌身離さずに、自分で常に意識してないと駄目なんですね・・・。でも、ポジティブに考え今後は大丈夫ですねv-218

大変な目にあいましたね
fufu
お金に携帯電話まで盗るなんてひどいですね
食事も期待外れだったようで
自分だったら相当落ち込むでしょう

コロニア、グエルやモンセラット等の名所はこれまでに聞いた事もなく
とても興味深く見せていただきました



もっこり亭
あちゃ~~やられたんですね~(T_T)。

イタリアで、スーツケース丸ごとやられた日本人も居ましたよ・・・(◎-◎)。

この程度で済んでとしか言い様がないです・・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー!。


naoヤン
イッサさん。こんばんは。私も先日、ヤラレマシタ…悔しいです…この思いはどこにブツケレバ…くそっ!!


イザッチ 
大変でしたね。
僕も香港でスリにあったことがありますが
被害は数千円だけでした。
次はお気をつけくださいね。

いいなぁ~スペイン。
僕も一生の内、サグラダ・ファミリアだけは
見てみたいんです。
願叶うかなぁ~


イッサ
こんばんは、運ちゃん さん。
是非、呪いを掛けて下さいよ。
最悪の旅行で、盗んだ人間の声を聞くって、余計腹立たしいです。


イッサ
こんばんは、ティーグ さん。
海外はスリ被害が多いと言われていますが、まさか自分達が被害に合うなんて思ってもいなかったですよ。

コメントを閉じる▲