駿河湾での黒鯛釣り (かかり釣り ・ 紀州釣り ) ・ 旅行 ・ 農業
朝食後、7時30分にベン・メリアに向けてトゥクトゥク(現地の乗り物)で出発。
トゥクトゥクのドライバーは日本語が堪能なキンさんで、昨年11月に俳優の向井理をテレビのロケでアンコールワットまでトゥクトゥクで送迎したそうで、ツーショットの写真を見せてもらいました。

c-32


午後にはシンガポールに向けて移動しなければなりませんので、観光に多くの時間を取れない為、少し早目の出発となり、街中を飛ばして目的地に向かいますが 街中は混雑して、 信号機や横断歩道などありませんから、右や左からトゥクトゥクや車、バイク、自転車、の割り込みがあったりスリル満点で、遊園地のアトラクションより面白かったですし、街の匂いも街中の風景もとても近く感じられ楽しい乗り物です。

c-33


ベン・メリアに到着。
ベン・メリアはジャングルの中にあるカンボジア最古の寺院で、雨水や植物の影響で崩壊が進み、雨季の影響でコケが綺麗に生え、良い雰囲気を醸し出しています。
宮崎駿の「天空の城ラピュタ」のモデルになったとこで、感動ものでしたよ。

c-34.jpg


c-35.jpg


ホテルに戻りチェックアウト後に  嫁が腹痛を・・・トイレに6回以上も。
昨日から体調不良で上から下に来た様です。
2時頃少し良くはなったものの、嫁には昼食を禁止させ、申し訳ないが自分だけアンコール・ビールにアモック(シェムリアップの伝統的な料理で雷魚をココナッツで蒸した料理)で味が濃く、若干パクチの味がしましたけど美味しく★3個。

c-38.jpg


 カボチャのスープは温スープでココナッツとカピオカが沢山入って美味しく★5個です。
但し、  スプーンを見て頂ければ分かりますけど、スプーンの底が汚れたまま。
日本じゃないので、これくらい平気じゃないと旅行は出来ません。


c-66.jpg


シュムリアップ空港までホテルからキンさんにトゥクトゥクで送ってもらい、カンボジアのシュムリアップ空港からシンガポールチャンギ空港に向けて出発。

機内では隣に中国人が座り、(パスポートを横からチラで見で確認済)自分の椅子の肘当てを越えて肘、座席の下には足を延ばしてくるので、怒り心頭。
図々しくマナーがなっちやいない。
日本人なら、人の席の枠に入らない様に気を使うのに、逆ですものね。
尖閣諸島の事を思い出し、こちらは無言の抵抗で相手の肘に肘を押し当て足を当て退去させました。
何か、中国に勝ったと心の中で「ガッツポーズ」です。
 

シンガポールに到着。
シンガポールのホテルはMRTのラベンダー駅直結のV(ブイホテル)・・・今年4月にオープンしたばかりですのでとても綺麗なホテルです。
オープニングセールなのか一泊一部屋8000円でシンガポールでは立地を考慮すると格安ですがバスタブなし、食事なしでベッドの幅が1mしか無く、寝返りすると壁にぶつかったりベッドから落ちそうになりそうになるし、それらを考えるとホテル代は日本より高いです。
シンガポールはバブルでインフレ状態。ここ2~3年でホテルの宿泊代が倍になっています。

c-63.jpg

カンボジアそしてシンガポールに到着後、夫婦揃って体調が悪くホテル下のコピティアム・ホーカで軽くホッケミーを、いろいろなところでホッケミーを食べましたが、こちらは絶品でした。★5個を食べ3日目終了。

c-67.jpg


朝になり、  嫁はすこぶる元気。
自分は軽く胃痙攣状態ですがシンガポールに戻ったのですから定番のバクティを食べに隣のブギスにMRTで移動します。
シンガポールも後、1日半なので家で評判の悪い服を着て出掛けます。

焼津の魚河岸シャツを今回の旅行の為に購入。
家では、どう見ても「堅気の人間」が着る服じゃないと、地元では着るなと禁止されています。
子供の頃から肩を揺すって歩く癖がありますので、余計そう見られるんですね。
顔は童顔なんですがね~。
確かにシンガポールでは自分一人浮いた感じで、嫁は離れて歩くし周りからの視線も気になりましたけど、自分を知ってる人は誰も居ませんのであまり気にしませんが、魚河岸シャツは今後パジャマになる予定です。

c-56.jpg


ブギスに到着。やっぱ、このお店じゃないと。スパイシーで最高に美味しい★5個

c-68.jpg


c-69.jpg


ホテルに戻り、自分はベットの中で休憩しお昼は胃に優しい豆乳のスープです。サッパリして豆乳の甘さと軟らかさでお腹に優しく★4個。

c-70.jpg


嫁は体調が万全となって徒歩とMRTでリトルインディアやチャイナタウンで食道楽に出掛け夕方に戻ってきました。
夕方には体調も少し回復し明日は帰国ですのに、御目当ての物を食べなくては。
18時にホテルを出て、マーライオンを見て真向かいに位置するエスプラネードにあるノーサインボードで食事。

c-76.jpg


ノーサインボードの前からはビル群やソフトバンクのCMで御馴染のマリーナ・ベイ・サンズが望めます。

c-77.jpg

c-78.jpg


今回はチリクラブは止めといて蟹は同じスリランカクラブでホワイトペッパークラブ。

c-72.jpg


そしてパンブークラムとエビに揚げパン満足度★5個。

c-71.jpg

c-73.jpg


c-74.jpg


・・・・翌朝。
チャイナタウンのマックスウェル・フードコートの天天(テンテン)のチキンライスを御目当てで出掛けましたが、朝が早すぎで開店前で断念。
フードコート内で花生湯(ピーナッツスープ)を発見。

c-60.jpg


オモチが入っていて、オモチの中には黒ゴマと白ゴマが入っていて甘さを抑えたスィーツで★5個。調子の悪いお腹には暖かいスープが一番です。

c-61.jpg


ホテルに戻り空港に向かう前にMRTの駅とホテルの通り道で、気になって食べたかったものでコプティアムフードコートでジューシーな鳥の唐揚げをたいらげ帰国の途に。

c-62.jpg


帰りの飛行機ではGANTZの映画を2本見入ってしまい、帰りの時間が非常に短く感じましたね。

c-80.jpg   c-81.jpg


「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。
スポンサーサイト

【2011/08/06 13:35】 | カンボジア
トラックバック(0) |


もっこり亭
ラピユタの雰囲気が出てますね~♪。
おいらも・・・雷を落とせる力が欲しいですね~(笑)。

雷魚ですか・・・食べた事ありませんが・・・(>_<)。


素敵な旅でしたね
fufu
カンボジアについては全く未知ですが
シンガポールのマーライオンからの夜景素敵ですね
海外旅行では珍しい食べ物が豊富でどれもこれも食べたくなりますが食べなれていないせいでしょうか食当たりがこわいですね
でも。お陰様でカンボジアもシンガポールも楽しませていただきました


イザッチ 
奥さま体調如何ですか。

景色、風景などシンガポールもカンボジアも
綺麗な所ですよね。
でも景色以上に食事を楽しまれているような?
エビの上にチャーハンのような??もの凄く
美味しそうですね。
何て言う料理なんでしょう?


ふりーman
こんにちは

奥様、腹痛で上から下からとは辛い旅になりましたね・・・
奥様は胃はデリケートなんでしょう~
現地の病院で薬をもらうのも少し怖いような・・(汗)
代わりにイッサさんが美味しいもの食べて楽しまれたようで(笑)

乗り物での肘取り合戦、
沈黙の勝利おめでとうございます。
真ん中の席に両サイドから攻められると最悪ですよね・・

シンガポールでの服装、帽子にシャツがよく似合ってますよ~
イッサさんの隣の席は自然と空席になっているんですか(笑)

わぁ~~~SBのスマップがCMしてたビル~~~
凄い!!行ってみたい場所ですね~~

今回はいつも以上に忘れられない体験が豊富な旅行になりましたね~~


今晩は!
ツー
カンボジアもよさそうですねv-218
シンガポールは綺麗だし・・・。
体調が今一だったのが残念でしたねv-399
でも、イッサさんのシャツいいんじゃありませんか?
とても個性的で、センスいいですよv-426

コメントを閉じる▲
シンガポール・チャンギ空港第3ターミナルからジェットスター航空でカンボジア・シェムリアップの空港に向けて。

c-23

c-21


 飛行機に乗って直ぐに  嫁から調子が悪く、飛行機に乗る前に食べた物が原因とかで・・・。
飛行機が離陸して直ぐに嫁が・・・気持ち悪~ 。
 トイレに向かう時、他の人に先を越され、口に手を・・・ウッ・・・。
タオルで口を押さへ、コンドルブルー(飛行機に乗る前に食べた商品名です)は御戻りになられました。
自分は慌てふためき、自分の持っているタオルを手渡し・・・隣に座っていた  オーストラリアの綺麗な女性からエチケット袋を頂き何とか最悪の結果にはならず良かったですがカンボジアのシェムリアップ空港到着までトイレに4回御世話になってました。

出発前に空港で食べたコンドルブルーにはチリが沢山入っていてそれで体調を崩した様ですが、3時間程の飛行機は苦痛のみでしたが満席の機内で修羅場にならかった事だけが救いで今思うとゾッとします。

c-22


シェムリアップ空港ではピザの申告があります。
ピザの申告は初めての経験で、8人位の担当者が少し高くなった壇上で横にズラリと並んだ机の上で審査します。
パスポートとピザの申告書を左端の担当者に手渡し、申告書が次から次へと順番にチェックされ最後に一番右の審査員のとこで終了しパスポートを手渡される訳ですが裁判官が並んでいる感じがします。
前の人全てMr~。Ms~。Mrs~。○○さん。何て呼ばれているのに、自分だけ呼び捨てで、少しムカッと。

ホテルには  タクシーで向かいますが、ここシェムリアップ空港では事前にタクシー乗り場の前の受付で行き先を告げチケットを購入するシステムで、タクシーの乗務員への支払いはありません。
カンボジアのホテルはストン・シェムリムアップで日本円で1泊1部屋朝食付きで約3000円と安いですが、部屋のエアコンは故障していのには唖然。・・・暑い。 
あの体調が悪かった  嫁がフロントにクレームを、機内で最悪の状態だったのに、本当かよ~。 

嫁曰く、外国人は少しのことでもクレームを出すけど日本人はおとなしいく我慢し文句を言わないので、適当に扱われるから、言うべき事を言わないと駄目と自分に説教する始末。
確かに、旅行では良くホテルの人にクレームやら注文しています。・・・自分は無理だ。 

結局、エアコンは直らず部屋をチェンジすることに。
クレームを出すくらいですから、嫁はかなり体調回復した様ですが自分もチリの影響か胃の当たりが熱く、調子が悪く嫁と同じに夕食抜きでホテルの近くを散策して1日目終了。


 カンボジアで初めての  朝を迎えました。
観光は地元のツアー業者をネットで頼み、朝4時10分にホテルのロビーで、ツアーガイドのヴィトウさんと待ち合わせ。
日本語は寺子屋でお坊さんに教わったそうで、上手いもんです。
それに、お兄さんは日本人の女性と結婚して現在は大阪在住だそうです。


アンコールワットの日の出観賞です。
入場の際にはチケット売り場で  写真を撮ってチケットにプリントしたものを作ります。
顔写真付きのチケットを見せて入場OKとなります。

c-25


カンボジアの季節は雨季で天候が非常に心配しましたけど、薄曇りの中  日の出も見ることが出来、絶景ポイントを案内してもらい写真も沢山撮ってもらいましたの初めての場所はガイドが付いていないとポイントも分からず無駄な時間を費やすだけですのでガイドの必要性を改めて感じました。

c-24

日の出観賞ツアー後、ホテルに戻り朝食。
朝食はビュッフェで全く期待はしていなかったですけど、結構美味しく頂き特に果物は新鮮でした。

c-26   c-27

朝食後、アンコール・トム、バイヨン、象のテラスのど見学。

c-28


c-30


入口近くでは  象に乗って寺院近くの場所までの移動などもある様です。

c-29


カフェ・モイ・モイで昼食。
東南アジアは辛いものが多いですけど、そんな事も無く美味しく頂けました。

c-36.jpg

c-37.jpg


午後はアンコール・ワットを見学しディナー付きの夕焼け観賞でしたが、残念ながら  曇りで夕焼けは見れなかったし  ビールが温かったのが少し残念。
夕焼け観賞の方は雨季の時期ですので雨が降らなかっただけでも良しとするしかないですね、季節的には11月が乾季で温度も高くならないそうで、3月から5月頃は45度にも気温が上がるそうです。

c-52.jpg

c-53.jpg

c-54.jpg
   
c-55.jpg


食後は嫁と二人揃って全身マッサージをしてもらい2日目終了。




「ブログランキングに参加しています。」宜しければ「ポチッ」と
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
ありがとうございます。

【2011/08/03 22:00】 | カンボジア
トラックバック(0) |


もっこり亭
カンボジアでしたか~(^ー^)。

アンコールワットには、行って見たいと思ってましたので・・・写真を見て感激しましたよ~♪。

象にも乗ってみたいですね~(^ー^)ノ。




ふりーman
こんにちは

体調不良での飛行機の旅ほど辛いものはないですよね・・・
私も以前、二日酔いで飛行機に乗って死にそうでした・・・(汗)
でも弱ってても困ったときには頼りになる奥様ですね~~

カンボジア、見どころ沢山なところなんですね~
アンコールワット写真で見ても凄~い!と思いますが
実物を見るともっと感動するんでしょうね~~

料理は美味しく食べれたようで良かったですね~~
温いビールというオチがありましたが・・(笑)

今晩は!
ツー
奥様は散々だったんですね?
やはり外国では食べ物に注意が必要なんですかね?
ベトナムって人気があるんですよね?
食べ物も美味しそうですねv-218
奥様は、二度とコンドルブルーは食べないでしょうねv-404

奥様大変でしたね
fufu
体調不良のアクシデントに見舞われた奥さん辛かったでしょう
しかし、大事に至らなくて本当に良かったですね
アンコールワットに像のテラス等何時までも眺めていたい気がします


コメントを閉じる▲